snowa(すのわ)です。

今日はタイトル通り、ソングショーツについて。

ソング=Tバック=タンガ
↑メーカーによって呼び方が異なりますが、同一のアイテムを指しています。わたしはずっとソングと呼んでいるので、こちらでの記載もソングに統一させて頂きますね。

image

デニムやタイトなスカートを着用するときにどうしても気になってしまう、ショーツのライン。わたしは、このショーツラインが響くのがとっても嫌いです。せっかくオシャレをしても、ラインが響いてるだけでかなりマイナス…。

だから、そういったお洋服のときは総レースのショーツかソングショーツを穿いています。
image
総レースのもの↑はカタチ自体はノーマルなので、ほぼ違和感もなく着用できますが、ソングは自分が下着屋さんで働き始めるまではちょっとハードルの高いアイテムでした。

今でこそ愛用するようになりましたが、昔のわたしがそうだったように、きっと、ソングショーツに対して抵抗がある方も多いはず。そんな方たちのために、今日はソングのお話をさせてください。



販売員を始めて感じたことは、意外とソングを愛用している方が多いんだなということ。もちろん、入荷数ではノーマルより圧倒的に少ないのですが、“思っていたより穿く人が多いんだな”というのが、正直な感想でした。

当時の店長も、ソング愛用者。
ソングが気になっていることを伝えるとオススメされたのが、LA VIE A DEUX(ラヴィアドゥ:通称ラヴィ)のソングでした。くい込みが気になりにくいよと教えてもらい、ちょうど好みのデザインのブラにお揃いのソングが売ってあったので、人生で初めて買ったのはラヴィのソング。

購入したのは、腰の部分にアジャアスターが付いているタイプです。image
サイズはMですが、少し大きめのヒップにも対応できる作り。image



ちなみにsnowaは《こちらの記事》でも書いたように、ショーツを買うときはいつもLサイズがお決まり。

Mサイズ=87〜95cm
Lサイズ=92〜100cm

↑こちらが、ほとんどのインナーメーカーで統一されているサイズ。わたしは採寸上はMでもLでも対応できるヒップサイズですが、お尻も大きく腰幅もあるので、Mサイズだと窮屈に感じてしまいます。

ソングショーツはたいていMサイズのみの作りが多いです。だからラヴィのショーツのように調整がついているタイプだとサイズ感的にも穿きやすい。

が、しかし。初めてソングを穿いたときの感覚は、やはりくい込みが気になりました。店長には、何日か穿いたら慣れてくるから、と言われましたが、どうしても慣れなくて、1〜2回穿いただけで一時ソングに対する熱が冷めたのでした…。



それからしばらく経って、どうしてもショーツラインが響いてしまうアウターを着なければいけない機会が訪れ、再びわたしが活用したのが同じラヴィのソングでした。またくい込みが気になるんだろうなぁと思いながら着用してみると、あら不思議。今度はいつの間にか気にならなくなっていました。

最初にトライしたときはNGだったのに、再チャレンジした際は思いの外すんなり馴染みました。ソングに慣れるのは、回数もですが、タイミングもあるかもしれません。



ここでキッパリと申し上げますがソングショーツはどうしてもくい込むアイテムです。これは、避けられません。ただ、タイプによってくい込みが気になりにくいものがあるので、様々なタイプの中から自分に合ったものを選ぶのがベストだと思います。

では、どのタイプが気になりにくいのか。今ではソング常連となったsnowa的解説に参りたいと思います。

まず、オススメその1は、レースになっているタイプもの
image
image
(photo:store.wacoal.jp)

↑こういったタイプはくい込んでも気になりにくいです。その理由はちょうどくい込む部分に縫い目がないから。縫い目があるタイプはやはり気になります。


例を挙げると
image
(photo:store.wacoal.jp)

↑これだと縫い目があるので、結構くい込みが気になるはず。ソング初心者にはオススメできません。


オススメその2は、先に挙げたラヴィのソングimage
この場合は一応縫い目がありますが、もともとの素材も薄いのでほとんど気にならない程度です。縫い目があるものに関しても、実際手に取ってみて触れてみるとちがいがわかりやすいと思います。

そしてimage
ここに生地があることで、くい込みすぎを防止できます。裾はレース始末でなお良い。だからラヴィのソングは穿きやすいのです!


オススメその3はシームレスタイプ
image
(photo:store.wacoal.jp)

この写真だと少しソングっぽさには欠けますが…いわゆる、切りっぱなしのタイプです。こちらも、くい込んでも縫い目がないから気になりにくいです。値段も安価なものが多いのでソング初心者にはオススメ。ただ、デザイン性がないのでかわいさに欠けます。

シームレスソングはユニクロでちょうどいいものを発見したので↓image
また後日、別途記事にしてアップします。



いかがでしたか?
今までソングを穿いたことない方、チャレンジしてみたい方、選び方のコツがわかればきっとトライしやすくなりますよ。

繰り返しになりますが、わたしも最初はソング苦手でした。だけど、回数を重ねたことと、あとはタイミングで克服!今では、ソングが手放せません。

特に、オススメその2のラヴィの調整付きソングは本当に大好きです。今度新作が出たら全色購入しようと考えているくらい。わたしはこのブログでもダントツでLA VIE A DEUXの商品を紹介しているくらい、ラヴィへの愛がいつも溢れています。ラヴィ製品ホントに好きです。



更新率が悪い日が続いているのに、いつも読んでくださっている方、初めましての方も、本当にありがとうございます。やっぱり読んでくださっている方がいると思うと、きちんとした記事をアップしたい!と、気合が入ります。だけど無理はせず、あくまでも楽しみながら更新するというマイルールは守りつつ。

こんなsnowa BLOGですが、良ければこれからも遊びに来て下さいね。

何か質問等ございましたら、気軽にコメントや、メッセージ、メール、お待ちしております。
メールはこちら→otoiawase@snowa.jp

それではまた更新します。
最後まで読んで頂きありがとうございました。


snowa